カードローンとキャッシングサービスの比較


カードを使ってCDやATMを使って借入れが出来る

しかし、近年は消費者金融やクレジットカードでもキャッシングではなくサービスをカードローンとしているところもあります。この場合にはカードを使ってCDやATMを使って借入れが出来るというものであり銀行と同等のサービスを受けることができます。またカードローンの名称自体が、お金を借りるという意味になっており、このためカードを発行しない場合にはカードレスなカードローン としているところもあります。ただしサービスに関しては、消費者金融やクレジットカードのものは依然として高い金利が設定されています。一方で金融機関が提供するサービスは以前は審査基準が厳しく誰でも利用できるというものではありませんでしたが、近年は信用力に劣る人でも利用できるものが登場しています。この場合には、保証人に保証会社や消費者金融がなっているというもので、金利は消費者金融と同等の水準になっており、このため金融機関であれば金利が低いという状態ではなくなっています。このためサービスを利用するさいには、その内容をしっかり見る必要があります。

基本的に年齢制限を満たしており安定した収入

消費者金融を利用するメリットとしては、基本的に年齢制限を満たしており安定した収入があれば審査に通る可能性があるため誰でも利用できるという点があります。また審査もはやく済み即日融資も受けられるのですぐに借入れを行えます。一方で金融機関を利用するメリットは銀行からの借入れということもあり、返済実績を重ねることで他のローンを利用するさいの審査に良い影響を与えることができます。また地方の場合には消費者金融の場合には利用できるATMが提携ATMだけといったケースもありますが、地元銀行のサービスであれば支店やATM設置所で借入れが出来るので、余計な手数料を使わないで借入れが出来ます。このため継続的にサービスを利用するのであれば、金融機関のサービスを利用する方が金利は高くてもメリットが多くあります。

戻るお金がすぐに必要ならキャッシングやカードローン