カードローンとキャッシングサービスの比較




お金がすぐに必要ならキャッシングやカードローン

お金がすぐに必要といった場合に便利なサービスが、キャッシングやカードローンです。両者の特徴としては事前に返済力など信用力の審査を行い、その人の信用力に見合った融資限度額が設定され、その範囲内であればいつでも自由にお金を借りることができる仕組みとなっています。一方でキャッシングもカードローンも基本的には同じサービスといえ、近年はその境界も曖昧になっています。以前であればキャッシングは単純にお金を借りることを意味しており、貸金業者である消費者金融やクレジットカードの現金貸付を意味していました。また貸金業者であるため金利の高い商品が多く、グレーゾーン金利が認められていた時代には高利貸しとったイメージの強いものでした。

カードローン【徹底比較】
カードローン

審査の基準がゆるやかで誰でも利用

現在でも金利は高めですが、それでも審査の基準がゆるやかで誰でも利用でき、また審査が比較的はやいといった利便性があります。カードローンは、銀行など金融機関がキャッシュカードにローン機能を付与したものであり、金融機関が提供するサービスというイメージが強いものでした。金融機関が提供するものであるため、金利は低めに設定されています。ただしこれは貸金業者などと比較しての場合であり、他の目的ローンと比べるともっとも金利の高い商品といえます。利便性も銀行のCDやATMを使って借入れを簡単に行うことができますが、金融機関の口座を保有していることが条件であったり、返済も口座引きとしのケースもあります。また自動引き落としを実行するさいに口座残高が不足している場合には自動的に借入れを行って引き落としが出来なかったという自体を避けることが可能です。なお、いずれのサービスでも返済は一定金額を超えると分割払いとすることが前提としていますが、繰り上げ返済することも可能です。

つづくカードを使ってCDやATMを使って借入れが出来る